概要

本計画は沖縄県本島うるま市南東部、勝連半島の緑豊かな地域の一角、 ご両親から譲り受けた土地に
一戸建て住宅を新築するプロジェクトである。
設計相談の際施主夫婦より「周りは畑以外何もないが
広々とした敷地がある。そこに30年後も住むことを楽しめる住宅を設計してほしい」と依頼を受けた。
敷地はもともと農地だったこともあり周囲は畑や原野、特に敷地北西側はサトウキビ畑と原生林が
奥行きをもって広がっており、海とは異なる生命力にあふれる「沖縄らしい自然」を感じた。
一方で、敷地は西側の隣地住宅を除き周囲が開けているため、一年を通し強烈な日差しやゲリラ豪雨、
台風などに直接的にさらされることは経験的に容易に想像できた。
周囲に風雨を弱める防風林もないため、建物単体での配慮が求められた。
 

 そこで「殻に包まれたような建築」を計画した。その殻は深い軒をもつ大きな片流れ屋根、北西の
自然の景色を住宅に取り込むピクチャーウィンドウを中心に構成された殻である。勾配を南西から
北東の下り勾配とする片流れ屋根を採用することで、直達日射から屋根に受ける日射量を抑える。
また、北西部の景色を望むリビングの大開口を含むLDKおよび各居室を一体的に計画することで、
開放的なLDK、落ち着いた天井高さの子供室、床下に蔵収納をもつ主寝室など、様々な形状の窓と
共に多様な住空間をつくっている。          
 

内部仕上げについて、LDKの大壁はコンクリート打ち放し、床は無垢フローリングを採用し素材の
経年変化も楽しめる計画となっている。赤褐色のケンパスは打ち放しとの相性も良く、今後の経年
変化を施主共々楽しみにしている。
 

 災害のような自然環境から硬質な殻のように身を守り、日々変化する自然の景色を享受し、素材の
変化を楽しむ暮らしの積み重ねがいつか30年という年月にもたどり着く。
設計者である私もその一員として見守っていきたい。

設計 株式会社 アトリエセグエ
構造 株式会社 黒岩構造事ム所
施工 琉幸建設株式会社
撮影 Alien design & Photography  井田佳明