建築設計事務所
アトリエセグエ

〒901-2101
沖縄県浦添市西原4-33-1

造成地の家|北中城村

//造成地の家|北中城村
造成地の家|北中城村 2019-06-14T02:29:59+09:00

概要

本計画は本島北中城村の住宅街の一角にて一戸建ての住宅を新築するプロジェクトである。
敷地は前面道路から2.5m以上高い造成地、かつ敷地の南北には隣地建物が迫っていたため、
通風・採光のバランスと土地の掘削に伴う擁壁を含めた全体計画が求められた。

施主夫婦からの主なご要望は「将来の来客を想定した和室とリビングの一体的な計画」
「風の通る涼しい家」「駐車スペースの最大限確保」

設計計画として、造成されていたレベルをLDKを含む主な生活スペースとすることで
敷地の掘削と新設擁壁をコストを最低限に抑えると同時に、前面道路に面する部分は
住居階にアクセスする階段を除いて最大限駐車場とする計画とした。
和室をLDKの一部としてテラスを含めて一体的に計画、外に開いた大きな開口部、
深い軒とテラスは室内に十分な通風を確保すると同時に、日中の西日を和らげている。
沖縄の強烈な風雨を凌ぐ洞窟をくり抜いたようなシンプルなボリュームが造成地から伸び
敷地に陰影と新しい地形をつくっている。

施主夫婦とお会いして2年半、じっくり打合せを重ねて令和元年に竣工。
住宅がご家族の生活を末永くつつんでくれることを望む。

詳細

カテゴリ :

所在地:

沖縄県北中城村

敷地面積:

269.52㎡

延床面積:

196.15㎡

用途:

一戶建ての住宅(地下一階・地上二階建て)

構造:

鉄筋コンクリート造